学生の就活

Feed Rss

学生がどれだけ第1志望の企業に行きたくても、
その企業の求めている人材ではなかったら採用されることはなく、
お祈りメール、お祈り電話がかかってくることになります。

第1志望の企業に断られると、そりゃ辛いです。
第2,第3志望の企業からもエントリシートの時点で落とされることもあります。

そうなるとかなり辛くて泣きたくなることでしょう。
しかし、そういうことは非常によくある話なので、
落ち込んでばかりじゃダメですよ。

ところで、最近の企業が求めている人材とはどのような人でしょうか。

答えは、入社後すぐに”即戦力”になれる人材です。

最近の企業は不景気が原因で多くの人を雇う余裕はあまりありません。
ましてや新入社員教育を満足に出来ているところは
残念なことに少なくなってきています。

そのため何も言われなくても自分で適切な判断を下すことができる
優秀な人材確保に躍起になっているんですね。

特に大学院生の場合は、即戦力であることが当たり前になっていますので、
自分の専門分野を何も知らない人へうまく説明できないようでは駄目ですよ。

さらに、最近の学生はTOEICの点数が何百点あります!
と自信たっぷりに言う学生が多いようですが、
点数よりも点数アップまでの努力の仕方を重要視するそうです。